■プロフィール

雅也

Author:雅也
ちょっぴり野望をもった、34才 会社員。DINKS世帯の夫です。

▼人気blogランキング

いいこと書いてるなと思われたら、ランキング投票で応援をいただけると、めちゃ嬉しいです。

もっと応援/相互協力して頂ける方は
▼こちらの記事も一読下さいませ。ご恩は忘れません。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■参加ブログランキング

ぜひ押して行って下さいませ
ブログランキング お勧めランキングサイトです
1位のときも
あります

→その他の参加ランキングサイト

■リンク
■リンク2

■広告(アクセスアップ!)


■RSSフィード
■カウンター
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
温故知新(★)
誰でもみんな最初は初心者。

スポーツや囲碁将棋のようなゲームだったら、最初は初心者同士で対戦したり、上級者との間にハンデをもらったりしますが、株式相場では最初からプロやベテランに混じっての真剣勝負です。

特に経験の差はいかんともしがたいですが、相場の歴史を読書で体験するというのはいかがでしょう。



私は株式投資経験は6年ぐらいで、ハブル不況中期より昔は知りませんが、ネット上の文章と言えば投資術や雑文ばかりで、なかなかバブル崩壊以前の歴史がわかるような文章に出会えていませんでした。

この本も、体型立てて歴史を説明するという感じの記載や、だからどういう投資をしましょうという説明があるわではないので、こんなもの役に立つのかと思われる方もいるかもしれませんが、いつかまた、ハブルや恐慌が来たときの予備知識としては、きっと役立つと思いますよ。

また、文章が軽快で、歴史というほど堅苦しくないコラム集のような感じなので、私は車のダッシュボードに入れて、人を待っている間なんかに数ページずつ読むようにしています。

値段も安くて、類書も少ないので、一読をお勧めする一冊です。


歴史が教える相場の道理
楽天Booksはこちら

-----
読者の方へのお願い!

▼人気blogランキング
▼FC2 Blog Ranking

いいこと書いてるなと思われたら、ぜひクリックで一票を。
あなたのクリックが、いい記事へのパワーになります。

スポンサーサイト
株で儲ける | Trackback(4) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

利食い千人力
株式や外国為替、商品相場の取引では評価益(含み益)がいくら多くても、ポジションを決済(解消)して初めて利益が確定します。 2006-10-02 Mon 14:22:28 | 外国為替取引、賢者への道
利食い千人力
株式や外国為替、商品相場の取引では評価益(含み益)がいくら多くても、ポジションを決済(解消)して初めて利益が確定します。うっかりすると、今までの利益が損失に変わっているかもしれません。 2006-10-02 Mon 12:13:08 | 相場用語、格言を学ぶ
知ったらしまい
株式、外国為替、商品市場などにおいて、取引の判断材料となる、いい(悪い)情報が流れてきたので、そこからあわてて買って(売って)も、実はそれが天井(底)だったりします。 2006-09-30 Sat 22:27:44 | 相場用語、格言を学ぶ
両建て両損
株式や外国為替、商品相場で売りポジションと買いポジションを両方建てて、両方で利益を上げようと狙っても、結局は売りも買いも両方とも損してしまうことが多いようです。 2006-09-30 Sat 00:16:08 | 相場用語、格言を学ぶ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。