■プロフィール

雅也

Author:雅也
ちょっぴり野望をもった、34才 会社員。DINKS世帯の夫です。

▼人気blogランキング

いいこと書いてるなと思われたら、ランキング投票で応援をいただけると、めちゃ嬉しいです。

もっと応援/相互協力して頂ける方は
▼こちらの記事も一読下さいませ。ご恩は忘れません。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■参加ブログランキング

ぜひ押して行って下さいませ
ブログランキング お勧めランキングサイトです
1位のときも
あります

→その他の参加ランキングサイト

■リンク
■リンク2

■広告(アクセスアップ!)


■RSSフィード
■カウンター
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
価値と時間(★★★)
「安物買いの銭失い」という言葉があります。

これだけでも、含蓄ある言葉ですが、もう一段掘り下げて、良く良く考えてみましょう。



「安物買いの銭失い」が成立する理由は、それぞれの商品には価値の違いがあって、いくら安値で買っても、その安値よりも価値が低いものだったら、お金を損するということですよね。

では価値とはなんでしょう。これは、私も何か出典があるわけではなくて直感的なものですが、以下の式が成立すると思います。

価値=効能×活用時間

この式、これだけ見る分には正しいと理解できますよね。長く使えるものは価値が高く、短い間しか使えないものは価値が低いのです。

では、普段の買物とかで、この式の「活用時間」をどれだけ意識して買物をしているでしょう。単純化した例としては、

(1) ・・・3万円の商品。でもデザインも飽きるし傷もつくし、だいたい3年で買換え。
(2)・・・6万円の商品。ブランド品で丈夫で、およそ6年使える。

上記の両者で迷った場合、圧倒的に(2)を選択した方がお得です。なぜなら、6年間で同じ金額を消費しながら、(2)の場合だと6年間の期間、ブランド品を使えるからです。

実際には各商品の故障や、陳腐化の時期の予測が難しい場合の方が多いと思いますが、何を買うかを選択する場合に、どれだけ長く使えるかを考慮するということの積み重ねは、長い人生の間で大きな差になってくると思います。

また商品そのものの特性だけではなく、購入する人間側の都合で、活用できる期間が制限される場合も要注意です。

例えば、結婚直後は賃貸住宅に入っていて近い将来家を建てる(マンションを買う)計画がある場合、高級な家具に手を出すのは、家を建ててからの方が良いですよね。家具は本来、何十年と使えるものですが、もし間取りの都合で使えなくなってしまうと、かなりの損ですからね。

服でも、小物でも、耐久消費財でも、常に「価値と時間」を意識する習慣をつけることで、お得を追求してみてはいかがでしょう。

(こんなことを書いている私も、どこまで実践できているか怪しいんですけどね。。。^_^;)

-----
▼人気blogランキング
▼FC2 Blog Ranking

いいこと書いてるなと思われたら、ぜひクリックで一票を。
あなたのクリックが、いい記事へのパワーになります。


■「安物買いの銭失い」つながりトラックバック!
スポンサーサイト
お得の基本 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

マンション 査定
マンションの査定をしてもらうには、専門の不動産業者さんなどに依頼するのが一般的ですが、無料で!ネットを使って申し込み可能なマンション 査定、不動産物件の査定サービスも登場しています。 2007-04-10 Tue 11:12:43 | マンション 査定ガイド

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。