■プロフィール

雅也

Author:雅也
ちょっぴり野望をもった、34才 会社員。DINKS世帯の夫です。

▼人気blogランキング

いいこと書いてるなと思われたら、ランキング投票で応援をいただけると、めちゃ嬉しいです。

もっと応援/相互協力して頂ける方は
▼こちらの記事も一読下さいませ。ご恩は忘れません。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■参加ブログランキング

ぜひ押して行って下さいませ
ブログランキング お勧めランキングサイトです
1位のときも
あります

→その他の参加ランキングサイト

■リンク
■リンク2

■広告(アクセスアップ!)


■RSSフィード
■カウンター
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
追加収入に対する高い税金等への対抗策(★★★)
こちら、前回記事「 35.9%は税金等(★★★)」の続きになります。

さて、高い税率/社会保険負担を回避する方法というのは、収入実態を改めない限りは、ほとんど脱税になりますので、現実的に有効な対抗策は少ないです。

ただ、基本的な考え方としてはいくつかのポイントがあります。


まず、330万超の高額所得を減らせば良いので、選択可能であれば共働きが有利です。

a) 夫 900万円 妻 0円
b) 夫 500万円 妻 400万円
 (夫/妻は逆同)

これa) と b) ちゃんとは計算はしていませんが、同じ世帯年収(税引き前)でも手取りは後者の方がかなり多いはずです。(粗い計算で50万前後ぐらいの差だと思います) 

ですので、もし、ライフスタイルとして、夫の給与が減っても子育て参加できて、妻も働くという選択が可能であれば、お得になります。これ、我が家の将来で考えた場合、私が今の職場にいる限りは子育て参加は限定的ですが、たとえば独立してSOHO勤務になれば Double Income with KidS(DIWKS?)が実現できます。まあ、独立SOHOは夢物語なんですが、税負担の観点からは共働き有利でして、そういう意味ではDINKSも恵まれています。

また、妻の年収130万円の壁(社会保険負担なし)の中で働くということは、税金等の負担的には相当有利なので、これを使わないのは結構モッタイナイ話とも言えます。(しつこいですが、夫/妻は逆同で、便宜上そうしていますのでご了承を)


他には所得税の節税策ですが、可能であればリタイアして年収が少ない両親と家計を一(いつ)にする。同居でも別居でも、支援や仕送りや医療費を負担していば、同一家計として認められて、扶養家族としたり、医療負担控除などが可能な場合があります。

あとは、住宅ローン減税とかもありますね。

また、もうひとつ覚えておいた方が良い原則として、

・稼ぎを100万増やして消費を100万増やす → 赤字
・稼ぎを100万減らして消費も100万減らす → 黒字

というようなことになります。同じ金額差であれば、稼ぐ浪費家よりも、収入の低い節約家の方がお金が貯まりやすいということですし、収入は低いけれども生活費負担がかかりにくい田舎暮らしの方が、逆の傾向にある都会暮らしよりも有利ともいえます。

また、実はこれが一番身近で重要なことのような気がしますが、、、ボーナスの支給額が10万円増えたからと言って、10万の買い物をしちゃいけないんです。私の場合ですと、手取りは64,100円しか増えませんので...。これは損得の話ではありませんが、収入と手取りのギャップは常に意識しておかないと、消費過剰になりがちで、貯金が進まないということです。皆さんもぜひ計算して、注意してみてはいかがでしょう。

-----
▼人気blogランキング(現在の目標30位)

いいこと書いてるなと思われたら、ぜひ上記クリックで一票を
あなたのクリックが、いい記事へのパワーとなります。

節約/貯蓄の上位ランクブログ一覧へ




■関連記事

■税金関連トラックバック先(ぐぐってみたら、夕刊フジにいい記事が多かった)
スポンサーサイト
お得の基本 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
主婦の家計戦略
はじめまして。
こんにちは!

素敵なブログですね。
更新楽しみにしています。
それでは、また遊びにきますね。
2007-05-23 水 06:57:08 | URL | べんべら [編集]
海色の風さん、コメントどうもです。

テンプレート、はい、やっと変更しました。HTMLやJavaScriptは昔かじったことがあるので、勉強しながらいろいろカスタマイズをしようかなと考えているので、カスタマイズベースを探していたのですが、以前のものよりは明るく、シンプルというところで気に入っています。

40代に向けてですかぁ。おない年ということで、正直、ちょっぴりショックです(^^;)。

心は20代、いつまでもやんちゃでありたいんですが、確かに年月の過ぎる速さから、次の大台も近い将来ですね。

なにはともかく、お互い良い将来をゲットしましょう。でわまた。
2006-09-20 水 01:25:06 | URL | 雅也 [編集]
テンプレート変わったんですね
こんばんは。テンプレートが変わったんですね。
先日はコメントありがとうございました。

 税金も含めて節約を考えようとすると、本当に深いですね。でも、記事を読んで思ったのは、やっぱりサラリーマンという働き方の選択肢は、あんまりいいものではない、というか、少なくとも最高の選択とは言いがたいな、ということです。もっとも、他にバラ色の選択肢が思いつくわけではありませんが。
 いずれにしても、40代に向け、現実を見据えつつ、良い方向に持っていけたらと思います。またおじゃまします。
2006-09-19 火 22:44:40 | URL | 海色の風 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。