■プロフィール

雅也

Author:雅也
ちょっぴり野望をもった、34才 会社員。DINKS世帯の夫です。

▼人気blogランキング

いいこと書いてるなと思われたら、ランキング投票で応援をいただけると、めちゃ嬉しいです。

もっと応援/相互協力して頂ける方は
▼こちらの記事も一読下さいませ。ご恩は忘れません。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■参加ブログランキング

ぜひ押して行って下さいませ
ブログランキング お勧めランキングサイトです
1位のときも
あります

→その他の参加ランキングサイト

■リンク
■リンク2

■広告(アクセスアップ!)


■RSSフィード
■カウンター
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
禁煙と「共有できる時間」 (★)
この記事は禁煙に関する連載記事の4回目です。1回目から読まれる方は、下記からお願いします。

第01回:禁煙と健康(★★★) [2006.9.22]

タバコの害の中で、行動の制約や、思考の支配、また仕事に関連した時間のロスについて以前に書きましたが、その関連として、タバコが奪い取っている「共有できる時間」について書きたいと思います。



これは、一人暮らしをしている方、独身の方にはあまり関係なく、小さな子供さんがいらっしゃる家庭のお父さん、お母さんの方に最も関係する話になります。

普段の何気ない喫煙のための行動の中で、一人暮らしをしている方は別ですが、タバコを吸うためにベランダに出たり、散歩に行ったり、自分の部屋へ戻るということをしませんか。このタバコを吸うために一人になる時間、本当にちょっとした時間ですが、家族で「共有できる時間」を奪っていることになると思います。

特に毎晩仕事で帰宅が遅くて忙しいビジネスマンの方が、週末ようやくゆっくりと家族団らんというときに、1本を吸うのは、そんなに長い時間ではないかもしれませんが、ちょっと席を外して、さらに「パパはタバコ吸いに行っちゃいましたぁ」とか言われながら、後ろ指を差されるということもあると思います。

もちろん、これは子供だけではなくて、夫婦間や恋人間でもそうなので、もし席を外す機会があれば、愛を育む時間が制限を受けるという話であり、また逆にタバコを利用して家を抜け出す不良ダンナ/彼氏もいたりするという話でもあります。

ただ、タバコを吸う一人の時間が好きだという方もいらっしゃると思うので、この点は、一概にデメリットと言うことはできないと思いますが、一般論として、タバコ吸いは、他の方と共有できる時間がちょっと少ないということは言えると思います。

多くタバコを吸う人でも1時間に5分ぐらいで、せいぜい8%ぐらいの時間ですが、前述の「不在中に子供に吹き込まれる悪口」も考えると、特に女の子が生まれた若いパパにとっては、結構重要なポイントなのではないかと思います。

ここらへんも、正にQOL

うちは子供がいないDINKS世帯ですが、禁煙を決意したときに、一つの理由としてこういうことも将来あるかもなと考えたのですが、いかがですか。愛する愛娘のための禁煙、なんだか一番成功率が高そうな気がしますね。

-----
良い記事だと思われた方へ

▼この記事に1票を入れる
人気blogランキング参加中
(現在の目標20位)

あなたの投票が、良い記事へのパワーになります。
(記事別投票数を記録中)

節約/貯蓄の上位ランクのブログ表示へ



→ つづき:禁煙は一度失敗しよう (★★)[2006.10.30]

■関連記事


■禁煙関連トラックバック先/お勧めブログ
スポンサーサイト
QOL | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。